平屋をローコストで実現した事例5選!ローコストにする際の注意点まで解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

「ローコストな平屋の事例を知りたい」
「ローコストで平屋を建てる際のポイントは何?」

平屋は、おしゃれでスタイリッシュな外観にできることや間取りの自由度の高さなどから多くの人気を集めている住宅スタイルです。最近では、1,000万円台で建てられるローコストな平屋も増えており、さらに注目度が上昇しています。

一般的に2階建ての住宅よりもコストがかかりやすいとされている平屋をローコストで建てられることは非常に魅力的です。全国平均で3,000万円以上かかる家づくりを安く抑えられることに越したことはないでしょう。

しかし、平屋をローコストで実現するには注意点があるのも事実。のちに後悔しないために、事前に万全の準備をしておくことが重要です。

そこで本記事では、平屋をローコストで実現した事例5選や平屋をローコストで建てる際の注意点について解説します。ローコストな平屋を建てたい人はぜひ参考にしてください。

目次

平屋をローコストで実現した事例5選

さっそく、平屋をローコストで実現した事例を見ていきましょう。今回紹介するのは以下の5つの事例です。

ローコストな平屋の間取りを決める際の参考にしてください。

開放的で使いやすい家

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

屋根の高さを変えた立体感ある外観の住宅です。間取りは4LDKとなっており、1,500万円ほどで建てられています。

LDKは天井を高くすることで開放的な空間に。高窓を設けているため、いつでも日の光が取り込めるようになっています。

LDKの隣には板の間のある8畳の和室を用意。足を伸ばしてリラックスできるスペースです。

立体的な天井にこだわった家

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

ブラックを基調とし、部分的にベージュを使うことでメリハリのある外観を実現した住宅です。間取りは2LKDとなっており、1,500万円以下で建てられています。

LDKは、シンプルなデザインにして落ち着きのある空間に。キッチンは家主のこだわりで対面キッチンを採用しています。

また、LDKの天井を高くすることで開放感も追求。あらわしの梁がおしゃれなアクセントになっています。

スタイリッシュな家

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

急勾配の屋根を採用したスタイリッシュな外観の住宅です。間取りは3LDKにロフトを設けており、1,500万円ほどで建てられています。

LDKは急勾配の屋根を採用しているため、天井が高く開放感のある空間に。天井高にすることで縦の空間を効率的に使用し、11畳を超えるロフトを実現しています。

プライベート空間が作りづらいという平屋のデメリットをうまく解消している住宅です。

広い庭がある平屋

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

ブラウンで統一したシンプルな作りの住宅です。間取りは4LDKになっており、1,500万円以下で建てられています。

LDKは18.5畳の広々とした空間に。レンガ調のアクセントクロスがおしゃれなアクセントになっています。

また、住まいの内観は全体的にホワイトをベースとすることで高級感を演出。キッチンは対面型にすることで、小さなお子さんを見守りながら料理に集中できるように工夫しています。

暖炉と自然素材の温もりを感じられる家

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

煙突が特徴的な外観をした住宅です。間取りは1LDKとなっており、1,500万円ほどで建てられています。

玄関のドアを開けると土間スペースが広がり、LDKと直接つながるデザインを採用。大きな窓を設けることで、光を取り込んだ明るい空間になっています。

住まいの中心には薪ストーブを設置。住まいのアクセントとしての役割を持ちつつ、冬は部屋全体を温めてくれます。

平屋をローコストで建てるための3つのポイント

ここでは、平屋をローコストで建てるためのポイントを紹介します。ポイントは以下の3つです。

それぞれ以下で詳しく解説するため、平屋をローコストで建てるための参考にしてください。

規格住宅を選ぶ

1つ目のポイントは、規格住宅を選ぶことです。規格住宅とは、住宅会社の指定したデザインや間取りの中から好きな物を選び家を建てていくスタイルのことを指します。

間取りやデザインを全て自由に決める注文住宅とは異なり、住宅会社の指定した範囲の中で選ぶため費用を抑えることが可能です。住宅会社によっては豊富な選択肢の中から選べるところもあり、注文住宅に劣らないおしゃれな住まいを実現できます。

うまく規格住宅を利用して安く平屋を建ててみましょう。

1,000万円台を目安にする

2つ目のポイントは、1,000万円台を目安にすることです。依頼する住宅会社を決める際や設計プランを立てる際には、指標となる予算を決めておく必要があります。

ローコスト住宅という言葉には明確な定義がないため、1,000万円台を目安にしておくといいでしょう。1,000万円以下の平屋を建てられることをウリにしている住宅会社もありますが、居住性が低い可能性が大いにあります。

1人暮らしや事務所として使用するならいいかもしれませんが、居住性を求めるなら1,000万円台を目安にするのがおすすめです。

標準仕様をうまく利用する

3つ目のポイントは、標準仕様をうまく利用することです。標準仕様が整った住宅会社に依頼すれば、費用を抑えながらおしゃれで快適な住まいを建てられます。

特にローコストメーカーはオプションが高い傾向にあるため、標準仕様をうまく利用することが非常に重要です。必ず事前に営業担当に標準仕様の範囲を確認しておきましょう。

また、住宅会社にはプランによって標準仕様が変わるところもあります。ホームページを見るだけでは勘違いが起こる可能性があるため注意してください。

平屋をローコストで建てる際の3つの注意点

ここでは、平屋をローコストで建てる際の注意点を紹介します。気をつけるべきポイントは以下の3つです。

それぞれ以下で詳しく解説するため、必ず事前に確認しておきましょう。

土地によって制限を受ける可能性がある

1つ目の注意点は、土地によって制限を受ける可能性があることです。上記で規格住宅のことについて解説しましたが、規格住宅は土地の条件によっては建てられないことがあるため注意しましょう。

また、都市計画の建築制限によって想定外の出費が発生してしまい、費用が高くなる可能性もあります。規格住宅を建てる際には、敷地の形状や広さ、都市計画の条件について調べておくことがおすすめです。

難しい場合には、規格住宅の実績が豊富な住宅会社に相談するようにしましょう。

住まいの性能が劣る

2つ目の注意点は、住まいの性能が劣ることです。ローコスト住宅は一般の住宅と比べて安い建材などを使用する影響で、どうしても住宅性能が劣ってしまいます。

特に断熱性や気密性は低くなる傾向にあるため注意が必要です。家を建てる際に費用をかけずに済んでも、家を建てた後に光熱費などが嵩んでしまう可能性があります。

また、耐久性も劣るためメンテナンス費もかかります。家を建てた後の費用面も考慮した上で設計プランを立てるようにしましょう。

会社選びを慎重に行う

3つ目の注意点は、会社選びを慎重に行うことです。ローコストな平屋を建てる際には、ローコストな平屋を得意としている住宅会社に依頼するようにしましょう。

実績が豊富な会社なら標準仕様が充実していたり、設計自由度が高いなどのメリットが受けられる可能性があります。少なくとも3社以上に話を聞き、見積もりを依頼した上で依頼先を決めることが重要です。

のちに後悔することのないように、1社だけで決めることは避けるようにしましょう。

平屋をローコストで建てるならRDESIGNがおすすめ

出典元:RDESIGN
スクロールできます
項目詳細
会社名株式会社 TOMITSUCA
所在地山形県山形市青田南23-31
設立年月日昭和11年創業・昭和44年設立
施工エリア山形市・上山市・寒河江市・天童市・東村山郡山辺町・東村山郡中山町
公式サイトhttps://rdesignhaus.com/

平屋をローコストで建てるならRDESIGNがおすすめです。RDESIGNは90年の歴史を誇る株式会社TOMITSUCAが展開するブランドであり、山形県近郊で家づくりに取り組んでいます。

経験豊富な建築家と工務店、顧客で理想の住まいを作る『design casa』という新しい建築方法を採用していることが特徴です。1,000万円台で建てられる平屋も用意しているため、興味のある人は気軽に問い合わせてみましょう。

まとめ

本記事では、平屋をローコストで実現した事例5選や平屋をローコストで建てる際の注意点について解説しました。全国平均で3,000万円する家づくりを1,000万円台で実現できることは非常に魅力的です。

しかし、メリットがあればデメリットもあります。そのため、本記事で解説した内容を参考にした上でローコストな平屋を実現してみましょう。

注意点を事前に理解しておけば、トラブルを未然に防げます。ローコストとはいえ、1,000万円という高額な費用がかかるため、後悔のないようにしてください。

本記事があなたのお役に立てれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次