平屋の一人暮らしで女性が気をつけることは?メリット・デメリットや注意点を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

「平屋は女性の一人暮らしに向いているの?」
「平屋での女性の一人暮らしで気をつけることはなに?」

平屋は設計の自由度や耐震性の高さなど、多くのメリットがある人気の住宅スタイルです。最近では、女性の社会進出や独立化が進んでいることもあり、平屋で一人暮らしをする女性が増えてきています。

アパートやマンションのような集合住宅ではなく、自分の好みを全て実現した平屋での一人暮らしは非常に魅力的です。縛られることもなく自由な暮らしができるため、日々の充実度も増していくことでしょう。

しかし、女性の一人暮らしには危険が潜んでいることも事実です。自由で快適な暮らしを実現するには、念入りにプランを立てる必要があります。

そこで本記事では、平屋で女性が一人暮らしをするメリットやデメリット、注意点について解説します。平屋での一人暮らしを検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

平屋は女性の一人暮らしに向いている?

結論から言うと、平屋は女性の一人暮らしに向いています。なぜなら、平屋は身体的な負担が少なく、周囲に助けを求めやすい構造をしているためです。

平屋は1階のみで生活が完結し、生活動線を考慮した間取りにしやすいため、日々の身体的な負担を軽減できます。特に階段がないことは非常に便利であり、どの年齢層の女性でも快適な暮らしを実現可能です。

また、平屋はワンフロアしかないことから、周囲に助けを求めやすくなっています。2階建ての一人暮らしの場合には、2階にいる時に誰かが侵入してきたら逃げられません。1階であれば気づいた時に四方八方から逃げやすいため、2階建てより安全です。

平屋で女性が一人暮らしする3つのメリット

ここでは、平屋で女性が一人暮らしするメリットを紹介します。代表的なメリットは以下の3つです。

以下で詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

使い勝手の良い生活空間を実現できる

1つ目のメリットは、使い勝手の良い生活空間を実現できることです。平屋は階段を設ける必要がないため、住まい全体を自由な間取りにできます。

家事動線を考慮した間取りや大空間リビングなど、あなたの思うがままの使い勝手の良い住まいを実現可能です。他にも、あなたの実現したいこだわりがあれば、依頼先の住宅会社に相談してみましょう。

住まいの外観や内装、インテリアまで自分好みにできることは非常に大きなメリットといえます。

バリアフリーにできる

2つ目のメリットは、バリアフリーにできることです。平屋で一人暮らしをする女性の中には、シニアの方はもちろん、老後の生活を意識した40代や50代の方も多くいます。

平屋は2階建てのように上下移動がないため、転倒や転落といった怪我の心配がありません。また、バリアフリーを計画しやすいのも大きなメリットです。バリアフリーに対応しやすい平屋は、若い女性にとっても長く暮らせる住まいを実現できるため魅力的といえるでしょう。

庭のある自由な暮らしができる

3つ目のメリットは、庭のある自由な暮らしができることです。マンションやアパートと違い、ペットとの時間やガーデニングなどを楽しめる庭を作れることは平屋の大きなメリットと言えるでしょう。

建物をコの字型やロの字型にして中庭を設ければ、あなただけの時間を楽しめるプライベート空間を実現することも可能です。集合住宅ではできない、地に足が着いた暮らしを送りたいという女性に平屋での一人暮らしはおすすめになります。

平屋で女性が一人暮らしする2つのデメリット

ここでは、平屋で女性が一人暮らしするデメリットについて解説します。代表的なデメリットは以下の2つです。

デメリットを事前に知っておけば対策が打てます。快適な暮らしを実現するためにも必ずチェックしておきましょう。

防犯面に不安がある

1つ目のデメリットは、防犯面に不安があることです。女性の一人暮らしに防犯面の不安があることは平屋に限ったことではありません。

しかし、平屋はオートロックのあるマンションのようにセキュリティーが充実しておらず、自分で防犯をする必要があります。常に周囲の目があるわけでもないため、より一層防犯面には気を遣うことが重要です。

設計プランの際に、依頼する住宅会社と防犯面の対策を念入りに立てるようにしましょう。少しでも安全性を高めるために、周囲の目が届きにくい旗竿地に家を建てるのは避けることがおすすめです。

維持管理に手間と労力がかかる

2つ目のデメリットは、維持管理に手間と労力がかかることです。マンションなどの集合住宅の場合は、修繕積立金を支払うことで管理組合が定期的にメンテナンスしてくれます。

しかし、平屋の一人暮らしでは、室内はもちろん外壁や屋根など外部のメンテナンスも自分で行わなければならないことがデメリットです。少しでも維持管理の手間と労力を減らすには、設計プランの段階でメンテナンス性の高い素材やデザインにしておきましょう。

平屋で女性が一人暮らしする際の3つの注意点

ここでは、平屋で女性が一人暮らしする際の注意点を紹介します。気をつけるべきポイントは以下の3つです。

以下で詳しく解説するため、家を建てたあとに後悔しないように必ずチェックしておきましょう。

防犯対策を徹底する

1つ目の注意点は、防犯対策を徹底することです。上記でも述べたように、平屋では自分で防犯対策をする必要があるため、設計の段階から防災面を考慮したプランを立てましょう。

窓には防犯シャッターを設置し、窓ガラスは防犯ガラスを採用することがおすすめです。また、リビングや寝室、玄関などには防犯スイッチを設置しましょう。

他にも、TVインターホンを採用したり、風呂やトイレの窓は道路側に作らないなど、様々な防犯対策があります。予算に合わせて取り入れてみてください。

外構の設計にこだわる

2つ目の注意点は、外構の設計にこだわることです。外構の設計にこだわることは住まいのデザイン性を向上させるだけでなく、防犯性の向上にも繋がります。

適度に外から敷地内の様子が見えるように、高い塀を設けないことがおすすめです。不審者が侵入できないように高い塀で囲うと、敷地内に入った不審者の目隠しとなるため逆効果になってしまいます。

適度に外から敷地内の様子が見えるようにすることで不審者が侵入しにくい家にすることが可能です。また、砂砂利を設けることも侵入者を防ぐのに非常に役立ちます。防犯面を考慮した上で、自由な庭の設計をしましょう。

日当たりや通風計画を考慮する

3つ目の注意点は、日当たりや通風計画を考慮することです。平屋は建物の高さがないことから周辺環境の影響を強く受けます。

日当たりを考えずにプラン設計すると、日中でも暗い閉鎖感のある住まいになってしまうため注意しましょう。また、住まいの通風計画を考慮することも快適な生活空間を実現するには重要です。

風通しが悪いと湿気がこもりやすく、カビやダニを繁殖させてしまい健康被害につながる危険性があります。周辺環境を考慮しながら日当たりや通風計画を立ててみましょう。

一人暮らしの平屋を建てるならRDESIGNがおすすめ

出典元:RDESIGN
スクロールできます
項目詳細
会社名株式会社 TOMITSUCA
所在地山形県山形市青田南23-31
設立年月日1936創業・1969年設立
施工エリア山形市・上山市・寒河江市・天童市・東村山郡山辺町・東村山郡中山町
公式サイトhttps://rdesignhaus.com/

一人暮らしの平屋を建てるならRDESIGNがおすすめです。RDESIGNは90年の歴史を誇る株式会社TOMITSUCAが展開する住宅ブランドであり、山形県を中心に家づくりをしています。

経験豊富な建築家と工務店、顧客の三者が共同で理想の住まいを作る『design casa』という建築方法をとっていることが特徴です。建築家がサポートしてくれるため、デザイン性の高い住まいを実現できます。

規格住宅にも対応しており、予算に合わせた理想の住まいを建てることが可能です。興味のある方は気軽に問い合わせてみましょう。

まとめ

本記事では、平屋で女性が一人暮らしをするメリットやデメリット、注意点について解説しました。女性の平屋での一人暮らしは、注意点に対する対策を取れれば快適で安全な暮らしを実現できます。

そのため、本記事で解説した内容を踏まえた上で設計プランを立ててみてください。また、山形市で平屋を検討している方は、一度RDESIGNのモデルハウスに足を運んでみましょう。モデルハウスを見学して、あなたの理想を叶えられそうなら依頼してみることがおすすめです。

本記事があなたのお役に立てることを願っております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次