6人家族で平屋に暮らしたい方必見!魅力や間取りを紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

「6人家族で平屋に住んでみたい」

「長く暮らすことができそうな平屋に興味がある」

上記のようなことを考えている方も少なくないでしょう。平屋とは、1階のみの一軒家のことです。階段を使わないため、移動がとても便利なところが特徴。

老後などの今後のことを考えて、平屋の注文住宅が注目されています。広々としたリビングにすることで、6人家族でゆっくり住むことができるため、家族との時間が楽しくできます。

今回は、6人家族が平屋に暮らすことの魅力や住宅を建てる上でのポイントなどを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

目次

平屋で6人家族が暮らす魅力

平屋で暮らす上での魅力はたくさんあります。6人家族が平屋で暮らす上での魅力は以下の3つです。

以下で詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

広々とした空間で家族の団らんができる

平屋は、家族全員が快適に暮らせるとして人気があります。天井が高くて階段がないのが特徴であり、全て1階で生活するため、各部屋に行き来しやすいです。

家族が集まれるリビングを広く確保すれば、一緒に食事や遊びを楽しめます。リビングの他にも、庭も広めに設計したらバーベキューなども楽しむことが可能です。

広々とした空間で家族が集まれるため、6人家族でも快適に暮らせます。そのため、家族との時間を大切にしたい方におすすめです。

家事動線が短く家事がしやすい

平屋は階段がないため、室内の移動が少ないのが特徴です。洗面所や浴室、キッチンなどの水回りを近くに配置することで、家事動線が短くなります。平屋は家事の効率化を図るためにも最適です。

また、リビングとキッチンを近くに配置することで、料理をしながらリビングで遊んでいる子どもや、くつろいでいるシニアの方の様子も確認できます。

オーブントースターや炊飯器、冷蔵庫などの良く使う家電の配置を考えて設計すると、家事の効率を上げやすいです。

バリアフリーで安心して暮らせる

平屋は階段がないため、バリアフリー物件として注目されています。階段がないことで、小さい子どもや高齢者がいる家庭でも安心して暮らせることが可能です。子どもや高齢者が転倒したりしても、ケガのリスクが軽減されます。

また、段差がない平屋にすることで安全性が高まります。長く住むうえで、並べく段差を作らないように設計することが大切です。

さらに、手すりを付けたり、お部屋の入口を広くすることで、車椅子生活後も使いやすい住まいになります。10年・20年・30年と先のことを考えて、計画を立てるといいでしょう。

6人家族で暮らす平屋のおすすめの間取り

平屋を作るうえで、それぞれのライフスタイルに合わせた間取りが大切です。今回はおすすめの間取りを3点紹介します。

以下で解説するため、ぜひ参考にしてください。

リビングの広い家

出典元:Pinterest

6人家族が快適に暮らすためには、リビングを広く確保することが大切です。画像のように、真ん中にリビングを配置することで、自然と家族との時間を作れます。

家族が集まって食事や遊びを楽しむことができるスペースを確保しましょう。

家事動線が短い家

出典元:平屋心地

家事するうえでの動線を短くすることで、家事がしやすくなります。上記の間取りは、キッチンと洗面所の動線が短いため、移動の時間を削減するのが特徴です。

キッチン、洗濯機の場所などを使いやすいように設計しましょう。

プライベートが確保された家

出典元:Ameba

上記の間取りのように、各部屋にクローゼットが配置され、さらに物置があるので、収納する際に便利です。6人家族で暮らす場合、人数が多いので収納スペースは十分に確保しましょう。

また、子どもの成長に合わせて、衣類や日用品の量も変わります。将来の予測を立てながら、決めることも大切です。

6人家族の平屋での家づくりのポイント

6人家族の平屋での家づくりに欠かせないポイントを3つ紹介します。ポイントを理解することで、良い平屋を実現できます。

以下でそれぞれ解説するため、ぜひ参考にしてください。

家族のライフスタイルに合った間取りを検討する

6人家族で暮らす場合、家族全員のライフスタイルに合う間取りにすることが大切です。家族全員の趣味や子どもの部活など、さまざまな要素を考慮して、快適に暮らせる間取りを設計しましょう。

子どもが暮らしている家庭の場合は、子ども部屋を2部屋以上確保するなど、子ども人数に最適な間取りを作ることが大切です。家族全員が快適に暮らせる間取りを設計するために、家族にどんな家が理想なのかを質問してみましょう。

予算をしっかりと考える

平屋を建てる場合、予算はしっかりと考えておく必要があります。住む場所によっては、土地相場が変動するため、気をつけましょう。

理由は、6人家族で住む平屋は床面積が広くなるため、建築費が高くなるからです。また、間取りや設備を充実させると、さらに費用がかかる可能性があります。

オプションや税金などの細かい部分を含めた予算を考えることも大切です。曖昧な状態にすると予算オーバーする可能性があるため、計画をしっかりしましょう。

平屋に詳しい業者に相談する

6人家族で平屋を建てる場合、平屋に詳しい業者に問い合わせをしましょう。平屋を建てる上での詳しい情報や知識を得ることができます。

経験豊富な建築士や工務店にお願いすると、家族構成や予算に合った理想の住まいを実現が可能でしょう。少しでも不明点がある場合は、その都度きちんと相談することが大切です。

施工後に後悔しないように、同じ工務店でも強みや特徴が違うため、複数社で検討することをおすすめします。

注文住宅の平屋に住みたいならRDESIGNがおすすめ

出典元:RDESIGN
スクロールできます
項目詳細
会社名株式会社 TOMITSUCA
所在地山形県山形市青田南23-31
設立年月日昭和11年創業・昭和44年設立
施工エリア山形市・上山市・寒河江市・天童市・東村山郡山辺町・東村山郡中山町
公式サイトhttps://rdesignhaus.com/

山形県山形市で平屋を建てたいと考えている方には、RDESIGNがおすすめです。RDESIGNは、デザイン力が優れているのが特徴。顧客に合う建築士とRDESIGNで家づくりをサポートしています。

提案する際には「自分たちが住みたい」と思える間取りやデザインなどを提案することを心かげているため、顧客から高い評価を得ています。少しでも興味がある方は、気軽に問い合わせてみましょう。

RDESIGNの施工事例

引用元:RDESIGN

デザインがシンプルなので、飽きがこないのが特徴の住まいです。

リビングの床が木目調のため、温かみがある雰囲気を演出しています。リビングの窓も大きくすることで、開放感がある素敵な設計です。

まとめ

今回は6人家族の平屋について紹介いたしました。6人家族で平屋に住むことの魅力をまとめると、以下のようになります。

  • バリアフリーで安心して暮らせる
  • 家族が集まれるリビングを広く作れる
  • 家事動線が短くすることで家事がしやすくなる

平屋はさまざまなメリットがある人気の住宅スタイルです。ぜひ取り入れてみましょう。また、平屋を建てる際には、RDESIGNがおすすめです。

興味のある方は気軽に問い合わせてみましょう。本記事があなたのお役に立てれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次