平屋外観のデザインで失敗しない!おしゃれでかっこいい家づくりのコツ

当ページのリンクには広告が含まれています。

近年、1階建ての平屋住宅の人気が高まっており、新築やリフォームの際にも選択肢として検討されるケースが増えています。

平屋には階段がないため、高齢者や小さな子どもがいる家庭でも安心して暮らすことが可能です。また、2階建てと比べて天井の高さに制限がないため、間取りの自由度が高いというメリットから人気が上がっています。

平屋の外観は、住宅の第一印象を大きく左右するものです。そのため、しっかりとイメージを固めて、自分好みのデザインに仕上げることが大切です。外観のデザインは、住宅の雰囲気を決めるだけでなく、家の価値を高める効果もあります。

本記事では、平屋外観のデザインで失敗しないためのポイントをご紹介します。せっかく平屋を選ぶのであれば、外観で失敗しないためにも本記事をぜひ参考にしてみてください。

目次

平屋外観のデザインで失敗しないための3つのポイント

平屋外観のデザインで失敗しないためには、これから紹介する3つのポイントを押さえることが大切です。

それぞれ以下で詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

1. テイストやデザインを決める

まずは、自分の好みのテイストやデザインを決めましょう。平屋の外観には、ナチュラルテイスト、モダンテイスト、和モダンテイストなど、さまざまなスタイルがあります。

平屋住宅は、家族みんなで長く過ごす場所です。家族の意見を聞いてテイストを決めることで、みんなが満足できるデザインにできます。

また、流行のテイストやデザインを取り入れることもおすすめです。ただし、流行は移り変わりが早いので、長く飽きの来ないテイストやデザインを選んで平屋の外観を決めていきましょう。

2. 周辺環境を意識する

周辺環境も、平屋外観のデザインを考える際に重要なポイントです。周辺環境が落ち着いた雰囲気なら、シンプルで落ち着いたデザインがおすすめですが、周辺環境が活気ある雰囲気なら、明るく開放的なデザインがおすすめです。

周辺環境を意識することで、住宅が周囲に調和するデザインに仕上げられます。事前に家を建てる予定の周辺環境を調査しておきましょう。

3. メンテナンス性も考慮する

平屋の外観を考える際は、外壁や屋根などのメンテナンス性も考慮しましょう。メンテナンスコストがかかる素材やデザインは、長く住む上で負担になる可能性があります。

メンテナンス性も考慮することで、長く快適に暮らせる住宅にできます。

テイスト別に見る、平屋外観のデザイン事例

平屋の外観には、さまざまなテイストがあります。ここでは、代表的な3つのテイストを紹介します。

以下で詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

1. ナチュラルテイスト

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

ナチュラルテイストの平屋の外観は、自然素材を活かした温かみのある雰囲気が特徴です。木目調の外壁や、レンガ調の外壁がよく用いられます。

自然素材は耐久性に優れていることが特徴です。癒しの空間を演出しながら、メンテナンス性も高い平屋の外観を採用できます。

2. モダンテイスト

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

シンプルでスタイリッシュな雰囲気が特徴です。直線的なラインや、ブラックやホワイトなどのモノトーンカラーがよく用いられ、洗練された印象を与えられます。

白い外壁と黒い窓枠でシャープな印象を持たせたり、ガラス張りの壁や大きな窓で開放的な雰囲気を演出するのもおすすめです。

3. 和モダンテイスト

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

和の伝統的な要素とモダンな要素を融合させたスタイルです。木や竹などの自然素材を活かしつつ、シンプルでモダンなデザインによって温かみがありながらも洗練された印象を演出できます。

予算別に見る、平屋外観のデザイン事例

平屋外観のデザインは、予算によっても選択肢が異なります。ここでは、以下の予算別のデザイン例を紹介します。

以下でそれぞれ詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

予算1,000万円

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

予算1000万円で平屋外観をデザインする場合、以下のようなポイントを押さえると、費用を抑えながらおしゃれな外観を実現できます。

  • シンプルなデザイン・素材を採用する
  • 植栽やガーデニングで雰囲気を演出する

シンプルなデザインは、素材や工数のコストを抑えられます。また、飽きのこないデザインであり、長く愛着のわく住まいの実現が可能です。

また、植栽やガーデニングで雰囲気を出すことで、費用を抑えながらもおしゃれな外観を演出できます。具体的な事例としては、白い外壁と黒い窓枠のシンプルなデザインや、木目調の外壁とウッドデッキでナチュラルなデザインなどです。

もちろん、予算1,000万円でも素材やデザインにこだわって、自分好みの平屋外観を実現することも可能です。アクセントウォールや大きな窓、ガラス張りの壁、テラスを設置したりすることで、個性をプラスできます。

また、外壁や屋根の素材に安価な素材を使用することで費用を抑えられますが、メンテナンス性や耐久性も考慮して、素材を選ぶようにしましょう。

予算2,000万円

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

予算2,000万円で平屋外観をデザインする場合、以下のようなポイントを押さえると、自分好みの外観を実現できます。

  • テイストやデザインを決める
  • 素材や設備を選ぶ
  • 施工業者とよく相談する

まずは、テイストやデザインを決めましょう。ナチュラルテイスト、モダンテイスト、和モダンテイストなど、さまざまなテイストがあります。

テイストが決まったら、デザインに合わせて素材や設備を選びましょう。外壁や屋根の素材、窓やドアの素材、照明などの設備によって、平屋外観の印象は大きく変わります。

また、予算やデザインの希望を施工業者とよく相談して、実現可能なプランを立てることも重要です。施工業者は、豊富な知識と経験をもとに、最適なプランを提案してくれます。

予算が2,000万円程あれば、素材やデザインにこだわって自分好みの外観を実現できます。ただし、メンテナンス性や耐久性も考慮し、複数の業者に見積もりを依頼するなどして、理想の平屋外観を実現しましょう。

予算3,000万円

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

予算が3,000万円あれば、テイストやデザインを自由に選べます。ナチュラルテイスト、モダンテイスト、和モダンテイストなど、さまざまなテイストや、シンプルなデザインから個性的なデザインまで、実現が可能です。

また、素材や設備にもこだわることができ、高級感のある素材や機能性に優れた設備を採用することで、ワンランク上の外観を実現できます。しかし、施工業者との綿密な打ち合わせが必要です。予算やデザインの希望を施工業者とよく相談して、実現可能なプランを立てましょう。

平屋を建てるならRDESIGNがおすすめ

RDESOGNトップページ
出典元:RDESIGN
スクロールできます
項目詳細
会社名株式会社 TOMITSUCA
所在地山形県山形市青田南23-31
設立年月日昭和11年創業・昭和44年設立
施工エリア山形市・上山市・寒河江市・天童市・東村山郡山辺町・東村山郡中山町
公式サイトhttps://rdesignhaus.com/

RDESIGNは、山形県を拠点に平屋住宅の設計・施工を専門とする会社です。平屋住宅のデザインに特化したノウハウと実績を持ち、お客様の理想の平屋外観を実現するために、全力でサポートしてくれます。

さまざまなテイストやデザインの平屋に対応しており、お客様の好みやライフスタイルに合わせて、最適なデザインを提案してもらえます。熟練の職人が丁寧で高品質な施工を心がけており、外壁や屋根などの素材選びから、細部までこだわって施工することで、長く愛用できる平屋住宅を実現可能です。

さらにRDESIGNでは、アフターフォローも充実しています。定期的な点検やメンテナンスサービスで、お客様の平屋住宅を長く快適に過ごせるようにサポートしてくれます。

平屋住宅を建てたいと考えている方は、ぜひ一度RDESIGNに相談してみましょう。

まとめ

平屋の外観は、家の顔とも言える重要な部分です。自分の好みやライフスタイルに合わせて、おしゃれで機能的な外観をデザインしましょう。

予算や好きなテイストに合わせて素材や設備を慎重に選ぶことで、一生満足のいく平屋住宅を建てられます。また、平屋を建てるなら、平屋が得意な住宅会社へ依頼するのがおすすめです。豊富なデザインバリエーションから提案してもらえるだけでなく、高品質な施工や充実したアフターフォローで、こだわりの外観を実現しましょう。

本記事があなたのお役に立てれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次