平屋のおすすめメーカーは?あわせて、平屋のメリット・デメリットも紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
平屋住宅おすすめメーカー

「平屋ってどんな住宅なの?」

「平屋住宅のメリットとデメリットは?」

平屋住宅とは、1階のワンフロアで生活が完結する戸建て住宅のことです。ワンフロアで生活できるため、移動しやすく、子育て世帯から老後まで暮らしやすい特徴があります。

バリアフリーが叶う平屋住宅のメリットとデメリットが気になっている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、平屋のおすすめの注文住宅メーカーや平屋のメリットとデメリットを紹介します。平屋住宅を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

平屋住宅のメリット

平屋もメリットは以下の3つです。

それぞれメリットを解説します。

移動が楽で生活しやすい

平屋住宅は、1階に全ての生活空間が集約されているため、家事や育児の効率が上がります。

キッチンからリビング・水回りが近く、生活・家事動線の確保がしやすいため、家事や育児の負担を軽減できるでしょう。また、年齢を重ねても階段がないため、生活しやすいことに加え、階段からの転落がありません。

平屋住宅は、1階に全ての生活空間が集約されているため、バリアフリーに配慮した間取りを実現しやすいです。段差がほとんどなく、車椅子でも移動しやすいため、高齢者や障害者・育児中の方でも安心して暮らせます。

広々とした空間を実現できる

平屋住宅は構造が強いため、広々とした空間で過ごせます。また、1階に全ての生活空間が集約されているため、家族が集まって過ごす時間も増えるでしょう。

平屋は2階建てに比べて構造が強いことで、設計の自由度が高く、ゆったりとした大空間が実現できます。

安定しやすい構造で災害に強い

平屋住宅は建物の重心が低く、風や地震の影響を受けにくいメリットがあります。

また、2階建てと比べて構造がシンプルなため、地震や台風の被害に遭ったときの復旧が比較的容易です。構造が安定するため耐震性能・耐風性を確保しやすく、万が一の場合にも災害に強い特徴があります。

平屋住宅のデメリット

平屋のデメリットは以下の3つです。

それぞれデメリットを解説します。

坪単価が2階建てより高くなりやすい

平屋住宅は2階建ての住宅よりも、住宅の坪単価が高くなりやすいデメリットがあります。

平屋住宅は、全ての生活空間が1階に集約されるため、広い面積が必要です。そのため、コストがかかりやすい基礎工事や屋根工事などの施工面積が広く、総合的に高くなる傾向があります。

また、土地の面積によって決まる固定資産税も高くなるでしょう。しかし、メンテナンス費用が低い傾向があるため、長期的には安くなる可能性もあります。

プライバシーの確保がしづらい

ワンフロアに全ての部屋があることや、家の中が外から見えやすく、プライバシーの確保がしづらいこともデメリットとして挙げられます。

また、同じ階に全ての部屋があるため、家族間や来客時のプライバシーを設計時に配慮する必要があるでしょう。

侵入経路が多いため、防犯面での不安は塀・フェンスなどの外構でカバーする必要があります。また、防犯カメラや人感センサー付きライトの設置も有効です。

採光や通風が計算しにくい

平屋住宅は、2階建てと比べて採光や通風が悪くなりやすいデメリットがあります。

2階建てであれば、2階の窓から太陽光や風を取り入れられます。しかし、平屋住宅では、ワンフロアに全ての生活空間が配置されているため、採光や通風の確保が難しいかもしれません。

土地の立地条件を事前に確認することや、勾配天井を採用するなどの工夫が必要です。

平屋を建てる際の会社選びのポイント

平屋を建てる際の会社選びのポイントは以下の3つです。

それぞれ解説します。

地域密着型の会社に依頼する

平屋は周辺環境の影響を受けやすいため、地域をよく知る会社がおすすめです。地域に密着した会社であれば、地域の特性や気候風土・ニーズを把握しています。

地域密着型の会社に依頼することで、地域の特徴を活かした快適な平屋が建てられるでしょう。会社選びの際には、候補の会社の施工エリアと創業年数を見ておくことがおすすめです。

平屋の実績が豊富な会社に依頼する

防犯面や日当たりがデメリットの平屋は、実績が豊富な会社を選ぶのがおすすめです。数多くの平屋を建てたノウハウがあるため、実績が豊富な会社を選ぶことで、デメリットを解消した家を建てられるでしょう。

また、平屋の実績が豊富な会社は、あなたの気づいていなかった革新的な提案をしてくれることもあります。理想にプラスαした快適かつおしゃれな住まいを建てられる可能性が高まるため、実績が豊富な会社に依頼することが重要です。

複数社を比較する

複数の会社を比較し、慎重に検討することが大切です。複数の会社を比較することで、それぞれの会社のこだわりや強みが明確になるため、理想の住まいを実現しやすくなります。

平屋の施工実績が豊富な会社を、少なくとも3社はピックアップすると良いでしょう。後悔することがないよう、1社だけに絞らずに、複数の会社から話を聞くのがおすすめです。

平屋のおすすめメーカーならRDESIGN

RDESOGNトップページ
出典元:RDESIGN
スクロールできます
項目詳細
会社名株式会社 TOMITSUCA
所在地山形県山形市青田南23-31
設立年月日昭和11年創業・昭和44年設立
施工エリア山形市・上山市・寒河江市・天童市・東村山郡山辺町・東村山郡中山町
公式サイトhttps://rdesignhaus.com/

山形県で平屋住宅を建てるならRDESIGNがおすすめです。

RDESIGNは、株式会社TOMITSUCAが展開するブランドで、90年の歴史があります。山形県では3代に続いて85年以上の実績があり、地域に密着しているのが特徴です。

コンセプトは『自分たちが住みたい』と思える住まいを提案すること。ヒアリング力が圧倒的な建築家とともに家づくりをしてくれます。山形県内で平屋住宅を建てたいと思っている方は、一度相談してみると良いでしょう。

RDESIGNの施工事例

RDESIGNの平屋の施工事例は以下の2つ。

それぞれ紹介します。

永年満足の平屋

永年満足の平屋外観
出典元:RDESIGN
永年満足の平屋LDK
出典元:RDESIGN
永年満足の平屋スリット窓
出典元:RDESIGN

居心地のいい住まいを追求した平屋住宅のブランド「casa piatto(カーサピアット)」で建てられたモデルハウスです。

リビングと庭に同じデザインの天井を採用し、家の中と外との繋がりが魅力です。防犯面が不安な平屋に適した21cmのスリット窓は、侵入者を寄せ付けず、心地良い光や風を家の中へ取り込みます。

日当たりの良い平屋の家

日当たりの良い平屋の家外観
出典元:RDESIGN
日当たりの良い平屋の家LDK
出典元:RDESIGN
日当たりの良い平屋の家夜のLDK
出典元:RDESIGN

今から将来まで暮らしやすさを追求した設計の「design casa(デザインカーサ)」で建てられたデザイン性が高い住宅です。

白と黒のコントラストが映える外観とモダンなデザインが魅力。1本の柱とその横の窓から差し込む太陽光、床材と下がり天井の木の温かみが調和し、リラックスした空間を演出しています。

まとめ

本記事では、平屋住宅のメリットとデメリット・おすすめの注文住宅メーカーを紹介しました。平屋はバリアフリーが叶う動線に配慮した住宅であり、多くの魅力がある住宅スタイルです。

きっとあなたの暮らしを良いものにしてくれるでしょう。メリットとデメリットの両面を把握して、後悔のない家づくりをしてみてください。

本記事があなたのお役に立てれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次