2,000万円以内で注文住宅は建てられる!間取りと費用を抑えるコツ

当ページのリンクには広告が含まれています。

「注文住宅の予算を2,000万円以内におさめたい」
「2,000万円で家を建てるにはどうしたらいいの?」

など、予算をおさえて注文住宅を建てようと考えている方は多いのではないでしょうか。注文住宅を建てる際には、まず予算を決めることが第一歩です。

一般的に、注文住宅の費用は2,000万円以上かかるといわれています。しかし、間取りや仕様を工夫することで、2,000万円以内で理想の注文住宅を建てることは可能です。

本記事では、2,000万円以内で注文住宅を建てる際の、間取りと費用を抑えるコツをご紹介しますこの記事を参考に、理想の注文住宅を実現しましょう。

目次

2,000万円以内で注文住宅を建てるには?

注文住宅を建てる際には、以下4つの費用がかかります。

2,000万円以内で注文住宅を建てるためには、これらの費用を抑える必要があります。上記の費用について、順番に解説していくため、じっくりと読んでいきましょう。

土地の購入費用を抑える

土地の購入費用は、注文住宅の費用の中で最も大きな割合を占めます。2,000万円以内で注文住宅を建てるためには、土地の購入費用を抑えることが重要です。

土地の購入費用を抑える方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 都心部や人気エリアではなく、郊外や地方の土地を選ぶ
  • 駅から離れた土地を選ぶ
  • 狭小地や変形地などの条件の悪い土地を選ぶ
  • 中古住宅を購入し、リフォームする

上記の工夫で土地の費用を抑えることが可能なため、参考にしてみてください。

建物の本体工事費を抑える

建物の本体工事費は、土地の購入費用に次いで大きな割合を占めます。2,000万円以内で注文住宅を建てるためには、建物の本体工事費も抑える必要があります。

建物の本体工事費を抑える方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 延床面積を抑える
  • シンプルな間取りにする
  • 標準仕様で建てる
  • 建材や設備を安価なものにする

本記事後半でも解説しますが、本体工事費を抑えることによって、2,000万円以内で注文住宅を建てられる可能性が高まります。予算内に抑えるためには、上記の工夫が必要のため、妥協してもよいポイントなども見つけておくとよいでしょう。

付帯工事費

付帯工事費は、建築工事以外の費用です。外構工事や地盤改良工事、水道・ガス・電気などの引き込み工事などが含まれます。

2,000万円以内で注文住宅を建てるためには、付帯工事費も抑える必要があります。付帯工事費を抑える方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 外構工事や地盤改良工事は、工務店やハウスメーカーに任せるのではなく、自分で行う
  • 水道・ガス・電気などの引き込み工事は、地元の業者に依頼する

上記の工夫によって2,000万円以内に抑えることは可能です。しかし、工事を自分で行うことはその職に就いている方や経験がなくては難しいもの。そのため、多数の工務店や地元の業者に相見積もりをとり、その中で見積金額やクオリティを含めて検討することをおすすめします。

諸費用

諸費用は、登記費用や印紙代、住宅ローン手数料などの費用です。2,000万円以内で注文住宅を建てるためには、諸費用も抑える必要があります。

諸費用を抑える方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 住宅ローン手数料は複数の金融機関で比較して、安い金利や手数料のプランを選ぶ
  • 登記費用や印紙代はインターネットで事前に確認しておく

事務的なコストを抑えることも重要です。少量の金額だったとしても、積もり積もれば大きな金額になることもあります。できるだけ手数料の安い金融機関やプランを選択しましょう。

2,000万円で建てられる注文住宅の間取り例

ここからは、2,000万円で建てられる注文住宅の間取り例を紹介します。家族構成別に紹介するため、理想的な家を建てるための参考にしてみてください。

夫婦2人世帯:2LDK

2LDKの間取りは、リビングとダイニング、寝室、浴室、トイレ、洗面所が基本的な構成です。延床面積は約100㎡程度であれば、2,000万円以内で建てることができます。

具体的な間取りとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • リビング12畳
  • ダイニング6畳
  • 寝室10畳
  • 浴室11畳
  • トイレ2畳
  • 洗面所4畳

この間取りでは、リビングは広めに取ることで、家族でゆったりと過ごすことができます。寝室は10畳あるため、夫婦でゆったりと眠れるでしょう。浴室は11畳あることで、ゆったりとくつろげます。

子育て世帯:3LDK

3LDKの間取りは、2LDKにもう1部屋の寝室を追加した構成です。延床面積は約120㎡程度であれば、2,000万円以内で建てることができます。

具体的な間取りとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • リビング12畳
  • ダイニング6畳
  • 寝室12畳
  • 浴室11畳
  • トイレ2畳
  • 洗面所4畳

この間取りの場合は例えば、6畳の寝室を2つ作ることも可能です。子どもが成長しても、それぞれにプライベートスペースを確保できます。そのほか寝室の12畳を将来的には、子ども部屋に分けることにも役立ちます。

多世帯同居世帯:4LDK

4LDKの間取りは、リビングとダイニング、寝室3部屋、浴室、トイレ、洗面所が基本的な構成です。延床面積は約140㎡程度であれば、2,000万円以内で建てることができます。

具体的な間取りとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • リビング15畳
  • ダイニング8畳
  • 寝室12畳
  • 寝室8畳
  • 寝室6畳
  • 浴室11畳
  • トイレ2畳
  • 洗面所4畳

この間取りでは、寝室が3つあるため、祖父母や親戚などの複数人で同居しても、それぞれにプライベートスペースを確保できます。また、寝室12畳は、将来的に子ども部屋にすることも可能。

上記の間取りはあくまでも一例です。家族構成やライフスタイルに合わせて、自由に間取りを検討しましょう。

注文住宅費用を2,000万円以内に抑えるコツ

ここからは、注文住宅費用を2,000万円以内に抑えるコツを紹介します。具体的には以下の工夫が必要です。

順番に解説していきます。

延床面積を抑える

延床面積とは、床面積の合計を表す言葉です。延床面積を抑えることで、建物の本体工事費を抑えることができます。延床面積を抑えるためには、以下の方法があります。

  • 間取りをコンパクトにする
  • ロフトや小屋裏収納を活用する
  • 吹き抜けや勾配天井を採用する

例えば、夫婦2人世帯の場合、2LDKの間取りで延床面積100㎡程度であれば、2,000万円以内で建てられることもあります。

シンプルな間取りにする

複雑な間取りは、施工の手間がかかるため、費用がかさみます。シンプルな間取りにすることで、費用を抑えることが可能です。

例えば、廊下を少なくしてリビングや寝室など、主要な部屋を直線的に配置するような間取りにすると、費用を抑えられます。どのような間取りにすれば費用を抑えることができるのか、ハウスメーカーや工務店に相談しながら進めるとよいでしょう。

標準仕様で建てる

オプションや高級仕様を省くことで、費用を抑えられます。標準仕様の設備が充実しているハウスメーカーで建てることができれば、2,000万円以内に費用を抑えることが可能です。

例えば、以下のような方法があります。

  • 床材や建具を標準仕様のものにする
  • キッチンや浴室をシンプルなデザインにする

オプションをつけることで予算オーバーになる可能性もあるため、上述したように2,000万円以内に抑えるために妥協点をみつけることも重要です。

工務店やハウスメーカーを比較する

工務店は、ハウスメーカーに比べて比較的安価な傾向があります。

地域密着型で、自由設計を得意とする工務店を選ぶことで、より費用を抑えることができます。ここで重要なポイントは、工務店とハウスメーカーの両方に見積もりを取ることです。

複数の業者に見積もりを取ることで、費用や内容を比較できます。複数のプランを提案してもらうことで、費用を抑えるためのポイントを教えてくれるかもしれません。

1社に絞らず複数のメーカーに見積もり依頼をしましょう。

2,000万円以内で建てる注文住宅の注意点

最後に、2,000万円以内で建てる注文住宅の注意点を紹介します。具体的には以下3つです。

順番に解説していきます。

間取りや設備の選択肢が限られる

2,000万円以内で建てる注文住宅の場合、間取りや設備の選択肢が限られる場合があります。例えば、吹き抜けやタイル張りなどの高級な仕様は、選択できない可能性があります。

また、キッチンやバス、トイレなどの設備も、標準仕様で選択することになるでしょう。

施工が簡素化されている可能性がある

2,000万円以内で建てる注文住宅の場合、施工が簡素化されている場合があります。例えば、内装の仕上げ材や建具などのグレードを下げたり、工期を短縮したりするなどの工夫が行われるなどです。

施工を簡素化することにより、住んでから修理依頼をすることも増える可能性があるでしょう。その点も踏まえて、どこの予算を抑えるか検討しましょう。

予算をオーバーする可能性がある

2,000万円以内で建てる注文住宅でも、予算をオーバーする可能性があります。

例えば、間取りや設備の選択を変更したり、想定外の追加工事が発生したりするなどの理由です。そのほか、思った以上に理想的な土地が見つからず、予算を超えた土地にしたり、諸費用が嵩んでしまったりということもありえます。

できるだけ事前に情報収集し、予算を決めておくことが重要です。

注文住宅を2,000万円以内に収めるならRDESIGNがおすすめ

出典元:RDESIGN
スクロールできます
項目詳細
会社名株式会社 TOMITSUCA
所在地山形県山形市青田南23-31
設立年月日昭和11年創業・昭和44年設立
施工エリア山形市・上山市・寒河江市・天童市・東村山郡山辺町・東村山郡中山町
公式サイトhttps://rdesignhaus.com/

注文住宅を2,000万円以内で建てるならRDESIGNがおすすめです。なぜなら、標準仕様が充実しており、完全自由設計の施工品質にもこだわりを持っているからです。

RDESIGNは、山形県を中心に展開する注文住宅のハウスメーカーです。標準仕様は、高品質で使い勝手の良い設備が揃っています。そのため、標準仕様を活用することで、2,000万円以内におさめようと思っても、こだわりの家を建てることができます。

また、引き渡し後も、アフターメンテナンスサービスを提供しています。2,000万円以内で注文住宅を建てようと考えている方は、ぜひRDESIGNのプランを検討してみてはいかがでしょうか。

施工事例

出典元:RDESIGN
出典元:RDESIGN
出典元:RDESIGN

建物本体価格1,980万円で建てられる住宅です。大開口の窓が印象的でシンプルなデザインとなっています。

内装は落ち着いたデザインで、窓から差し込む日の光でいつでも明るいスペースに。畳スペースは、暖かい日の光によって、くつろげる場所になっています。

まとめ

2,000万円以内で注文住宅を建てる場合は、以下の点に注意が必要です。

  • 間取りや設備の選択肢が限られる可能性がある
  • 施工が簡素化されている可能性がある
  • 予算をオーバーする可能性がある

これらの点をしっかりと理解した上で、予算と希望をしっかりと検討し、プランを決めることが大切です。

また、2,000万円以内であっても、こだわりの家を建てることは可能です。そのため、複数のハウスメーカーや工務店から見積もりを取るなどして、比較検討することもおすすめします。

2,000万円以内で注文住宅を建てようと考えている方は、ぜひこれらの点を参考にして、理想の家づくりを実現してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次