平屋のデザイン住宅を建てるには?人気のデザインやおすすめの会社も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

「平屋のデザイン住宅を立てるポイントは?」
「平屋のデザイン住宅を建てられる会社はどこ?」

平屋は自由度の高い間取り設計ができることから多くの人気を集めている住宅スタイルです。最近では北欧風や和モダンなど、さまざまなスタイルに対応可能であり、おしゃれなデザイン住宅が増えています。

せっかく高いお金をかけるなら、おしゃれかつ唯一無二の住まいにしたいという人も少なくないでしょう。しかし、ただこだわりを詰め込むだけでは、統一感のない住まいになってしまうため注意が必要です。

中には、平屋のデザイン住宅を建てたくても、どうすべきかわからず困っている人もいるはず。

そこで本記事では、平屋のデザイン住宅について解説します。あわせて、平屋で人気のデザインや平屋のデザイン住宅を建てられるおすすめの会社も紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

また、本メディアのトップページでは、山形市の平屋の最新デザインをまとめて紹介しています。気になる方は、以下のページをチェックしてみてください。

目次

デザイン住宅とは?

まず、デザイン住宅とは、ひとつのデザインコンセプトに基づいて住まい全体を設計する住宅のことです。外観やインテリア、空間構成まで考慮して、オリジナリティあふれる住まいをつくります。

デザイン住宅では、自分の好みのデザインテイストで間取りや素材など細部までこだわった住まいの実現が可能です。デザインも多種多様で、南米や北米スタイル・和風・洋風などがあります。

他にはない唯一無二の住まいを実現できるため、住まいのデザインにこだわりたい人におすすめです。どのようなスタイルの住まいにしたいのか、あなたの理想を考えてみましょう。

平屋で人気のデザイン【外観編】

ここでは、平屋の外観で人気のデザインを紹介します。住まいの外観で人気のデザインは以下の3つです。

以下で詳しく解説するため、デザイン住宅をつくる際の参考にしてください。良いものがあれば取り入れてみましょう。

大きな片流れ屋根

出典元:RDESIGN

1つ目の人気のデザインは、大きな片流れ屋根です。片流れ屋根は一方向にだけ傾斜を持つ屋根で、シンプルかつスタイリッシュな印象を持たせます。

吹き抜けと相性がよく、開放的な住まいをつくりたい人がよく取り入れる屋根の形状です。採光性もよく、室内を日の光で明るくできるというメリットもあります。

また、ソーラーパネルが設置しやすく、ZEH対応の住まいを建てたい人にもおすすめの屋根です。

ロの字・コの字型の形状

出典元:KASHINOKI

2つ目の人気のデザインは、ロの字・コの字型の形状をした平屋です。平屋は1階部分しかないため、外からの視線が気になるなどプライバシー面での不安があります。

しかし、ロの字・コの字型にすることで、プライバシー面の不安の解消が可能です。人通りがある方とは逆にテラスを設ければ、小さなお子さんが安心して遊べるスペースにもなります。

また、ロの字型であれば家の中心に完全プライベート空間をつくることも可能です。あなたのこだわりにあわせて取り入れてみましょう。

ウッドデッキ

出典元:アートウッド

3つ目の人気のデザインはウッドデッキです。ウッドデッキは外観デザインのおしゃれなアクセントになります。特に南米スタイルの平屋にする際には、ウッドデッキはうってつけです。

また、リビングに隣接する場所に設ければ、アウトリビングとしても利用できます。ハンモックを設置してリラックススペースにしたり、家族のコミュニケーションスペースとして使用可能です。

ウッドデッキは住まいに開放感を感じさせてくれるため、ぜひ取り入れてみましょう。

平屋で人気のデザイン【内観編】

続いて、平屋の内観で人気のデザインを紹介します。住まいの内観で人気のデザインは以下の3つです。

以下で詳しく解説するため、デザイン住宅をつくる際の参考にしてください。

勾配天井

1つ目の人気のデザインは、勾配天井です。勾配天井とは、屋根の勾配に合わせて斜めにした天井のことを指します。

一般的な天井は水平に作られており、天井裏や屋根裏スペースがありますが、勾配天井にはありません。天井裏を作らずに吹き抜けにするため、住まいの開放感を向上させることが可能です。

また、部屋の高さが増すことで通常よりも高い部分に窓を設置できます。採光性を高められ、室内を明るくできることも大きなメリットです。

ロフト・小屋裏スペース

2つ目の人気のデザインは、ロフト・小屋裏スペースです。平屋は2階部分がないため、天井の高さを自由に決められます。そのため、ロフトや小屋裏スペースをつくることが可能です。

ロフトや小屋裏スペースをつくることで、平屋のプライベート空間が作りにくいというデメリットを解消できます。趣味部屋やシアタールーム、収納スペースなど、さまざまなことに使用可能です。

あなたのこだわりに合わせて取り入れてみましょう。

土間スペース

3つ目の人気のデザインは、土間スペースです。昔の日本家屋でよくみられたつくりで、最近になって再評価され人気を集めています。

一般的に玄関スペースに設けられることが多く、趣味を楽しむ場所や子供の遊び場などさまざまなことに使用可能です。テーブルや椅子を設置すれば、来客を迎えるスペースにも使えます。

また、土間スペースは熱伝導率が高く、夏場に涼しく感じられることも特徴のひとつです。自然な涼しさが感じられるため、エアコンの使用頻度を下げることにつながり、光熱費の削減が期待できます。

平屋のデザイン住宅を建てる際の3つの注意点

ここでは、平屋のデザイン住宅を建てる際の注意点を紹介します。気をつけるべきポイントは以下の3つです。

それぞれ以下でわかりやすく解説するため、必ず事前に確認しておきましょう。

費用が高くなる

1つ目の注意点は、費用が高くなることです。一般的に、平屋は2階建てと比べて費用が高くなる傾向があります。

理由としては、2階建てよりも基礎部分の面積が広く、基礎工事にコストがかかるためです。2階建ての住宅を建てるよりも、1〜2割ほど高くなると思って予算を立てるようにしましょう。

しかし、平屋には2階建てよりも光熱費やメンテナンスコストがかからないというメリットがあります。初期費用が高くても長期的に見ればお得なため、建てた後のことも踏まえて設計プランを立てることがおすすめです。

会社選びが重要

2つ目の注意点は、会社選びが重要なことです。住宅会社によって強みとしている部分が異なります。

デザイン性を強みとしている会社に依頼しないと、あなたのこだわりを実現できない可能性があるため注意が必要です。高いデザイン性を持つ会社は、ホームページにある施工事例をみたり、完成見学会に足を運べば判別できます。

あなたの好みに合う住まいを建てている会社がどこなのか、事前に調べておきましょう。また、なるべく実績が豊富な会社に依頼することがおすすめです。

実績が豊富な会社はさまざまなアイデアを持っています。あなたの気づいていない魅力的な提案をしてくれる可能性が高いため、実績のある会社に依頼しましょう。

住みやすさを考慮する

3つ目の注意点は、住みやすさを考慮することです。デザイン住宅の失敗例として、デザインを重視しすぎて住みにくい家になってしまったというものがあります。

こだわりをかなえることも大切ですが、これから一生住む家になるため暮らしやすさを考慮して設計プランを立てましょう。家事動線や収納スペースはしっかりと考えておくことがおすすめです。

こちらも実績のある会社に依頼できれば解消できます。一級建築士などの建築関係の資格を持った担当者のいる会社に依頼しましょう。

平屋のデザイン住宅を建てるならRDESIGNがおすすめ

出典元:RDESIGN
スクロールできます
項目詳細
会社名株式会社 TOMITSUCA
屋号RDESIGN(アールデザイン)
所在地山形県山形市青田南23-31
設立年月日昭和11年創業・昭和44年設立
施工エリア山形市・上山市・寒河江市・天童市・東村山郡山辺町・東村山郡中山町
公式サイトhttps://rdesignhaus.com/

平屋デザイン住宅を建てるならRDESIGNがおすすめです。RDESIGNは、約90年の歴史を誇る株式会社TOMITSUCAが展開するブランドで、山形市を中心に家づくりに取り組んでいます。

デザイン性の高い家づくりに定評があり、国家資格を持った建築家との家づくりが可能です。何百棟ものデザイン経験があり、自身のアトリエを持つほどの実力とセンスがある建築家がサポートしてくれるため安心して依頼できます。

興味がある人はモデルハウス見学会に足を運んでみましょう。

まとめ

本記事では、平屋のデザイン住宅について解説しました。デザイン住宅はあなたの理想を細部まで実現できる魅力的な住宅です。毎日家に帰るのが楽しくなり、あなたの生活を豊かにしてくれるでしょう。

平屋のデザイン住宅を建てる際には、本記事で紹介した人気のデザインを参考にしてみてください。また、満足のいく家づくりにするためにも3つの注意点は忘れないようにしましょう。

本記事があなたのお役に立てることを願っております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次