後悔しない!住みやすい理想の平屋を実現する間取りの選び方とポイント

当ページのリンクには広告が含まれています。

「平屋に憧れているけど、実際どうなの?」

「住みやすい平屋の間取りが知りたい!」

近年注目を集めている平屋は、バリアフリーや家族とのコミュニケーションの取りやすさなど、多くのメリットを持つ住宅スタイルです。しかし、いざ平屋を建てようとすると、どのような間取りが住みやすいのか悩む方も多いでしょう。

そこで、今回は、住みやすい理想の平屋を実現する間取りの選び方とポイントをご紹介します。住みやすい平屋を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

住みやすい平屋を実現するための間取りの実例

さっそく、住みやすい平屋を実現するための間取りの実例を紹介します。紹介するのは下記の5軒です。

住みやすい平屋を実現するための間取りを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

実例1:〖casa piatto〗~永年満足の平屋~

出典元:RDESIGN
出典元:RDESIGN
出典元:RDESIGN

こちらの平屋はリビングを大きくとって開放的にしています。隣の部屋への扉を減らし、動線をスムーズにしている点がポイントです。

キッチン正面に窓があり、壁が白いことから明るく広々とした印象になります。平屋は土地が広くないと建てられないという印象がありますが、こちらの家のように白を基調にしたり窓を大きくとることで広々とした室内にできます。

実例2:梁の木目をアクセントにした開放的な平屋

こちらは木目をアクセントにしたシックな印象の一軒です。明るい色の中に落ち着いた配色を加えることで引き締まった印象になります。

間取りはリビングを中心に配置したことで全ての部屋へのアクセスが良く、無駄なく生活できるようになっています。ウォークインクローゼットやシューズクロークなど、収納をしっかりとったことで、余裕のある生活スペースが取れています。

実例3:家事動線にもこだわった、広く明るい平屋の住まい

こちらは中庭を囲む形で建てられたお宅です。中庭に面した窓は大きくてとても開放的です。外からの目も気にならないため、昼間カーテンなどを掛けなくても良いのは採光面でも大きなメリットと言えます。

こちらもファミリークローゼットや納戸など収納をまとめていることですっきりした生活スペースを確保できています。少し大きめのスペースが必要ではありますが、中庭が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

実例4:L字型の間取り&ウッドデッキで平屋をより楽しく!

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

正方形や長方形の平屋だけでなく、L字型の平屋もご紹介します。こちらはL字の内側にそって大きく縁側としてウッドデッキを設けています。

各部屋とウッドデッキが繋がっているため、どの部屋からも庭やウッドデッキが楽しめます。庭も広くとってあるため、外で遊んだりバーベキューをしたり、子どもたちが遊んだり、生活のバリエーションが増えます。

縁側やウッドデッキに憧れる方にとって参考になる一軒です。

実例5:細長い敷地形状を活かして、明るく、快適な平屋を実現

出典元:YAMADA HOMES
出典元:YAMADA HOMES
出典元:YAMADA HOMES

こちらは細長い敷地を活かした平屋の実例です。建物にプラスして大きなウッドデッキを設けています。

こちらは庭のように大きく取られたウッドデッキのため、玄関まで行って靴に履き替えなくても外に出られるのがメリットです。子供たちが遊んだり、アウトドアリビングとして活用したりできます。

細長いという点を活用して、リビングとダイニングは縦長に配置。動線としてもスムーズで家事がしやすいように工夫されています。

こちらも玄関に土間やシューズクローゼットを配置しています。収納スペースを大きくとると生活スペースが減ってしまうという懸念がある方もいると思います。しかし、実際は収納スペースをしっかり取った方が、生活スペースに収納を置かなくて良くなるため快適になります。

住みやすい平屋を実現するための間取りの選び方

平屋の間取りを実際に見てみたところで、次に住みやすい平屋を実現するための間取りの選び方を紹介します。紹介するのは下記の4つです。

平屋を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ライフスタイルに合わせた間取り

平屋は、バリアフリーや家族とのコミュニケーションなど、多くのメリットがあります。しかし、こだわって平屋を建てたとしても、ライフスタイルに合っていない間取りでは快適な暮らしを実現できません。

まず、家族構成や生活習慣を考慮することが大切です。例えば、小さな子どもがいる家庭であれば、リビングと子供部屋を近くに配置することで、目が届きやすく安心です。また、共働きであれば、家事動線を短く効率的にできるような間取りを優先して考える必要があります。

さらに、趣味や将来のライフプランも考慮しましょう。例えば、読書や音楽鑑賞など、趣味を楽しむためのスペースを設けたり、将来介護が必要になった場合に備えて、バリアフリーに対応できるような間取りも検討しておくと良いでしょう。

このように、平屋の間取りを考える際には、家族構成、生活習慣、趣味、将来のライフプランなど、様々な要素を考慮することが重要です。自分のライフスタイルに合った間取りにすることで、より快適で充実した暮らしを実現できます。

動線を意識した間取り

平屋は、ワンフロアのため、基本的な動線は2階建てよりも良い状態になりやすいです。しかし、動線を意識しておかないと実際の生活で困りかねません。どのような生活動線なら動きやすいか検討しましょう。

まず、家事動線を意識することが大切です。キッチン、洗面室、リビングなど、主要な部屋を近くに配置することで、家事の負担を軽減できます。また、水回りをまとめることで、移動距離を短縮できます。

さらに、家族の動線も考慮しましょう。例えば、帰宅後の動線をスムーズにするために、玄関からファミリークローゼット、リビングをつなげるように配置するのもおすすめです。

上記のように、動線を意識した間取りにすることで、家事効率が向上し、ストレスを感じることなく快適に過ごせます。

家族のコミュニケーションを考えた間取り

平屋は、2階建て住宅と比べて家族が顔を合わせやすいという特徴があります。しかし、間取りによっては、コミュニケーションが取りにくい場合もあります。

コミュニケーションを取りやすくするために、リビングを家族の中心となる空間にしましょう。リビングとキッチン、ダイニングを一体化することで、家事をしながら家族と会話できます。また、リビングから各部屋へのアクセスをなるべく短くすることで、家族が自然に集まる空間を作れます。

さらに、視線の抜けを意識することも大切です。部屋と部屋の間を壁で仕切るのではなく、一部をオープンにするのも良いでしょう。同じ空間にいられるため、安心感が生まれます。

このように、家族のコミュニケーションを考えた間取りにすることで、家族の絆を深め、より温かい暮らしを実現できます。

住みやすい間取りの平屋を実現できる注文住宅会社かどうか

注文住宅で平屋を建てる場合、住みやすい間取りを実現するために、会社選びが非常に重要になります。会社選びの際には、下記の点に注意する必要があります。

  • 会社の得意分野:平屋を得意としている会社かどうか
  • 実績:過去に建てた平屋の事例を参考にする
  • 提案力:ライフスタイルや要望に合わせて提案してくれる会社かどうか
  • コミュニケーション:担当者としっかりとコミュニケーションをとり、希望を伝える
  • 費用:坪単価だけでなく、諸費用も含めた総費用で検討

上記の点を踏まえ、複数の会社を比較検討しましょう。理想の平屋を建てられる会社を見つけることが大切です。

住みやすい間取りの平屋を建てるならRDESIGNがおすすめ

出典元:RDESIGN
スクロールできます
項目詳細
会社名株式会社 TOMITSUCA
所在地山形県山形市青田南23-31
設立年月日昭和11年創業・昭和44年設立
施工エリア山形市・上山市・寒河江市・天童市・東村山郡山辺町・東村山郡中山町
公式サイトhttps://rdesignhaus.com/

RDESIGN(株式会社TOMITAUCA)は、平屋を得意とする注文住宅会社です。「自分が住みたいと思える住まいを提供する」というコンセプトを掲げ、これまで多くの平屋を建ててきました。

RDESIGNの平屋は、明るく開放的な空間を実現しキッチン・洗面室・リビングなど、主要な部屋を近くに配置することで、家事効率を向上させます。オシャレでかっこいいだけでなく、生活しやすさにもしっかり配慮しています。

住みやすい平屋を建てるための知識と経験が豊富なRDESIGN。無料相談会を実施しているため、理想平屋を建てたい方はぜひRDESIGNに相談してみましょう。

まとめ

今回は住みやすい平屋を建てるための間取りのポイントと実例について紹介しました。平屋は生活しやすく、将来のバリアフリーにも対応できる魅力的な家です。

だからこそしっかり検討して理想の平屋を実現しましょう。そして注文住宅を建てる際に何よりも大切なことは、複数の注文住宅会社を比較することです。しっかり検討して後悔のない家づくりをしてください。

本記事があなたのお役に立てることを願っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次