バリアフリーの平屋を建てるための5つのポイント!施工事例も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

高齢化社会の進展や、誰もが安心して暮らせる社会の実現に向けた動きを受けて、バリアフリーの住宅への関心が高まっています。

バリアフリーの住宅とは、高齢者や障がい者、子どもなど、誰もが安全で快適に暮らせるように設計された住宅のことです。段差をなくしたり、広いドアを採用したりするなど、さまざまな工夫が施されています。

中でも、平屋はバリアフリー化しやすい住宅のひとつです。階段がないため、高齢者や車いす利用者でも安心して生活できます。

この記事では、バリアフリーな平屋を建てるための5つのポイントを解説します。また、施工事例も紹介しているため、イメージを膨らませるのに役立ててください。

目次

バリアフリーな平屋とは?

バリアフリーな平屋とは、段差や手すりの設置など、誰もが安心して暮らせる住宅のことです。老後や障害のある家族にも配慮した設計が特徴です。

バリアフリーな平屋の具体的な特徴としては、以下のようなことが挙げられます。

スクロールできます
項目内容
段差をなくす玄関、室内、トイレ、浴室など、すべての場所に段差をなくします。
手すりを設置する玄関、トイレ、浴室、廊下など、移動する際に必要な場所に手すりを設置します。
滑りにくい床材を採用する床材を滑りにくいものにすることで、転倒のリスクを減らします。
車いすでも使いやすいトイレや浴室にする車いすでも使いやすいように、トイレや浴室を広くしたり、手すりを設置したりします。
バリアフリー設備を設置する自動ドアやインターホンなど、バリアフリー設備を設置することで、生活をより便利にします。

バリアフリーの平屋は、以下の方におすすめです。

  • 老後を見据えて、安心して暮らせる住宅を検討している方
  • 障害のある家族がいる方
  • 将来的に、介護が必要になるかもしれない方

バリアフリーの平屋は、通常の平屋よりも費用がかかりがちです。しかし、上記のようなポイントを押さえることで、費用を抑えられます。

バリアフリーな平屋を建てる際のポイント

ここからは、バリアフリーな平屋を建てる際のポイントを紹介します。具体的には以下の5つです。

順番に解説していくため、ぜひ参考にしてみてください。

段差をなくす

バリアフリーな平屋を建てる際には、段差をなくすことが最も重要なポイントです。玄関、室内、トイレ、浴室など、すべての場所に段差をなくすことで、安全に移動できます。

段差をなくす方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 玄関はスロープやフラットな門扉にする
  • 室内は段差解消用のスロープや段差解消工法を用いる
  • トイレや浴室は床をフラットにする

上記の方法で段差をできる限りなくすようにしてみましょう。

手すりを設置する

段差をなくしても、手すりがないと移動が不便になります。玄関、トイレ、浴室、廊下など、移動する際に必要な場所に手すりを設置することで、安全に移動できます。

手すりの設置方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 壁に手すりを設置する
  • 床に手すりを設置する

上記の方法で手すりを設置し、安全に移動できるようにしましょう。

滑りにくい床材を採用する

床が滑りやすいと、転倒のリスクが高まります。滑りにくい床材を採用することで、転倒のリスクを減らせるため、おすすめです。滑りにくい床材としては、以下のようなものが挙げられます。

  • タイル
  • フローリング材(滑り止め加工付き)
  • カーペット(滑り止め加工付き)

上記の床材を使用することで滑りにくい床に仕上げられます。

車いすでも使いやすいトイレや浴室にする

車いすでも使いやすいように、トイレや浴室を広くしたり、手すりを設置したりします。車いすでも使いやすいトイレや浴室にするためには、以下のポイントを押さえましょう。

  • トイレは幅1.2メートル以上、奥行き2メートル以上を確保する
  • 浴室は幅1.2メートル以上、奥行き1.8メートル以上を確保する
  • トイレや浴室に手すりを設置する
  • トイレの便座の高さを調整できるものにする

車いすが入るスペースをしっかり確保できるようトイレと浴室は大きめにするとよいです。また、手すりを設置したり、高さ調節できたりする方がより使い勝手がよくなるでしょう。

バリアフリー設備を設置する

自動ドアやインターホンなど、バリアフリー設備を設置することで、生活をより便利にできます。バリアフリー設備の代表的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 自動ドア
  • インターホン
  • 床暖房
  • 浴室乾燥機
  • 手洗器

これらの設備をつけることによって、一年中快適に過ごせることはもちろん、年齢問わず誰もが住みやすい家になります。

バリアフリーな平屋の施工事例

ここからはバリアフリーな平屋の施工事例を紹介します。ぜひ参考にしながら、自分はどんな家を建てればよいのか考えてみてください。

段差のないフラットな床を採用した平屋

出典元:COCOWAHOME
出典元:COCOWAHOME
出典元:COCOWAHOME

高齢者や車いす利用者にとって、段差は転倒の原因となり、大きな障壁となります。そこで、段差のないフラットな床を採用したバリアフリーな平屋をご紹介します。

玄関からLDK、各居室まで、すべて段差のないフラットな床にすることで、車いすでもスムーズに移動できます。また、ドア幅や廊下幅も広く確保すると、車いすやベビーカーでも安心して過ごせるでしょう。

さらに、スイッチやコンセントの高さも、車いすからでも操作しやすい高さに設置します。また、玄関やトイレ、浴室など、必要な場所には手すりを設置することで、転倒防止や移動のサポートが可能です。

高齢者や車いす利用者だけでなく、子どもやペットと暮らす家庭でも安心して暮らせる設計となっています。また、掃除や移動が楽になるため、高齢者夫婦や子育て世帯にもおすすめです。

滑りにくい床材を採用した平屋

出典元:伸和ハウス
出典元:伸和ハウス
出典元:伸和ハウス

高齢者や車いす利用者にとって、滑りやすい床は転倒の原因となり、大きな危険となります。そこで、滑りにくい床材を採用したバリアフリーな平屋をご紹介します。

この平屋は、玄関からLDK、各居室まで、すべて滑りにくい床材を採用しています。床材は、表面に凹凸があり、水濡れにも強いものを選びました。また、ドアや廊下にも、滑りにくい床材を使用しています。

さらに、浴室や洗面所などの水回りには、クッション性のある床材を採用することで、転倒時の衝撃を和らげるようにしています。

この平屋は、高齢者や車いす利用者だけでなく、子どもやペットと暮らす家庭でも安心して暮らせる設計となっています。また、掃除や移動が楽になるため、高齢者夫婦や子育て世帯にもおすすめです。

車いすでも使いやすいトイレと浴室を備えた平屋

出典元:尾山建設
出典元:尾山建設
出典元:尾山建設

高齢者や車いす利用者にとって、トイレや浴室は、毎日の生活で利用する重要な空間です。そこで、車いすでも使いやすいトイレと浴室を備えたバリアフリーな平屋をご紹介します。

この平屋のトイレは、車いすで入りやすいように、ドア幅を90cm以上確保しています。また、車いすからでも楽に手が届くように、高さを10cm程度高く設置しています。さらに、手すりを設置することで、転倒防止や移動のサポートを行っています。

浴室は、車椅子で入浴できるように、浴槽の入口を広くしています。また、浴槽には、手すりや浴槽椅子などを設置することで、安全に利用できるように配慮しています。さらに、浴室の床は、滑りにくい床材を採用することで、転倒のリスクを軽減しています。

この平屋は、高齢者や車いす利用者だけでなく、子どもやペットと暮らす家庭でも安心して暮らせる設計となっています。また、掃除や移動が楽になるため、高齢者夫婦や子育て世帯にもおすすめです。

バリアフリーな平屋の価格を抑えるポイント

バリアフリーな平屋は、通常の平屋よりも費用がかかりがちです。しかし、以下のポイントを押さえることで、費用を抑えられます。

順番に解説していきます。

間取りをシンプルにする

バリアフリーな平屋を建てる際に、費用を抑えるポイントのひとつとして、間取りをシンプルにすることがあげられます。

間取りが複雑になると、柱や壁の数が増えて、建築費が高くなる傾向があります。また、施工の手間も増えるため、工期が延びて、その分費用もかさむ可能性があります。

一方、間取りをシンプルにすると、柱や壁の数を減らすことができます。これにより、建築費や工期を抑えることが可能です。具体的には、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 廊下をできるだけ少なくする
  • 部屋の形をシンプルにする
  • 階段を減らす

また、間取りをシンプルにすることで、掃除や移動がしやすくなるというメリットもあります。

標準仕様を活用する

バリアフリーな平屋を建てる際に、費用を抑えるポイントのひとつとして、標準仕様を活用する方法もあります。

ハウスメーカーや工務店では、バリアフリー仕様の標準仕様を用意している場合があります。標準仕様を活用することで、オプションで追加するよりも費用を抑えることが可能です。

具体的には、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • ドアや廊下の幅を標準仕様で確保する
  • スイッチやコンセントの高さを標準仕様で設置する
  • 手すりを標準仕様で設置する

また、標準仕様を活用することで、施工の手間も減るため、工期を短縮できるというメリットもあります。

補助金や助成金を活用する

バリアフリーな平屋を建てる際に、費用を抑えるポイントのひとつとして、補助金や助成金を活用するのもよいでしょう。国や自治体では、バリアフリー化の推進を目的とした補助金や助成金制度を設けている場合があります。

これらの制度を活用することで、費用を大幅に抑えることが可能です。具体的には、以下の制度が挙げられます。

  • 住宅バリアフリーリフォーム推進事業
  • 長期優良住宅化リフォーム推進事業
  • 介護保険による住宅改修
  • 自治体の補助金や助成金

これらの制度の申請には、一定の条件を満たす必要があります。また、申請時期や申請先など、各制度によって異なるため、注意しましょう。

バリアフリーの平屋を建てるならRDESIGNがおすすめ

出典元:RDESIGN
スクロールできます
項目詳細
会社名株式会社 TOMITSUCA
所在地山形県山形市青田南23-31
設立年月日昭和11年創業・昭和44年設立
施工エリア山形市・上山市・寒河江市・天童市・東村山郡山辺町・東村山郡中山町
公式サイトhttps://rdesignhaus.com/

RDESIGNは、バリアフリーな家づくりに特化した工務店です。豊富な実績とノウハウを活かし、高齢者や車いす利用者でも安心して暮らせる家を実現します。

「自分たちが住みたい」と思える住まいをご提案するというコンセプトを掲げている会社で、お客様に寄り添った提案、対応ができます。平屋の施工事例も豊富にあるため、バリアフリーな平屋を建てたいと考えている方は、ぜひRDESIGNにご相談ください。

まとめ

バリアフリーな平屋を建てる際には、以下の5つのポイントを押さえることが大切です。

  • 段差のないフラットな床
  • 広いドア幅と廊下幅
  • 手すりの設備
  • 安全性の高い設備
  • 補助金や助成金の活用

また、バリアフリーな平屋の施工事例を参考にするのもおすすめです。

バリアフリーな平屋を建てることで、高齢者や車いす利用者だけでなく、子どもやペットと暮らす家庭でも安心して暮らすことができます。また、掃除や移動が楽になるため、高齢者夫婦や子育て世帯にもおすすめです。

本記事があなたのお役に立てれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次